デリケートゾーンの臭いと花粉症の解消法

こんばんは。

沖縄YOGA WINGのtomocoです。

 

 

今日はデリケートゾーンの臭いの解消法についてお伝えしたいと思います。

 

 

その前に、ヨガをする人の中にも人気のある

玄米と雑穀米についてお話ししますね。

 

 

今のお年寄りの人たちには、

昔の玄米が美味しくなかったそうなので

白米の方が人気がありますよね。

 

 

白米と玄米にはどんな違いがあるのでしょうか。

 

  
玄米とは

 

 

 

 


籾米から籾殻だけを取り除いたものが玄米です。

ここから胚芽と糠を取り除いたものが白米になります。

 

 

含まれる栄養素を比較すると、

 

 


ビタミンB1 (白米の約5倍)

疲労回復、神経の正常な機能を保つために使われる。

 

 


ナイアシン (白米の約5倍)

粘膜や皮膚を健康に保つ。血行促進のために使われる

 

 


ビタミンB6(白米の約5倍)

成長促進、脂肪肝予防、動脈硬化予防、神経機能を正常に保つために使われる。

アレルギー症状を緩和し、ホルモンバランスを整えてくれます。

 

 


ビタミンE (白米の約6倍)

老化防止、抗酸化作用、血流改善、美肌効果、生活主観病予防に使われます。

 

 

白米を玄米に変えるだけでダイエットできそうだし

綺麗になれそうですよね。

 

 

私がヨガを始めてお客様に玄米の事をお話ししたら

多くの方が試してくださって

その中でも多かった感想が

「花粉症が治った!!」というもの。

 

 

 

私は花粉症がないので経験ありませんが

花粉症って本当に辛いんですよね。

鼻水ズルズル、目も真っ赤で。

 

 

足裏のカカトのゴワゴワがなくなって

ツルツルになった方も多かったです。

パンの食べ過ぎはカカトを固い皮膚にしてしまいます。

 

(これは婦人科系のトラブルとつながります)

参考:婦人科系トラブル4つの原因と解消法

 

 

気をつけてくださいね。

では、次は雑穀米を見ていきましょう。

 

 

  
雑穀米とは

 

 

 

 

雑穀米とは古代から日本でよく食べられていた、

赤米、黒米、あわ、ひえ、きびなどを白米に混ぜて炊くご飯のことです。

 

 

雑穀米にもビタミンやミネラルなど豊富な栄養素が含まれています。

 

 

カルシウムやリンは、骨をつくる働きをします。

 

 

鉄分は、貧血予防に役立ちます。

 

 

カリウムは心臓や筋肉の機能を調整します。

 

 

亜鉛は代謝を促進して免疫力をアップします。

 

 

食物繊維も豊富で

便秘解消効果や、

腸にたまった発がん性物質などの毒素を

からめとって排泄してくれます。

 

 

雑穀米もデトックス効果がとても高いですね。

 

 

ご自身の生活に取り入れやすい方を選択しましょう。

 

 

  
デリケートゾーンの臭いの解消法

 

 

炭水化物ダイエットが流行った事もあり

お米を食べない習慣がついている人も多いでしょう。

 

 

お米を抜いた食事はデリケートゾーンの臭いの原因になります。

 

 

お食事はバランス良く摂ることが大切です。

 

 

お米や味噌汁など

古代から日本人が食べてきたものは

日本人の胃腸に優しく、

十分に栄養を摂取することができます。

 

 

 

タンパク質だけのお食事は

胃腸に大きな負担となります。

 

 

お食事はまず、炭水化物をしっかりと摂ることから

始めていきましょう。

 

 

 

<関連記事>

シミ・ソバカスの原因

口臭と不妊の解決策

自律神経を調整する方法

 

 

 

 

妊活ヨガ始まります!

 

 


全国から受講しに来てくださっています!

 

基礎・応用セミナー 開催中!

 

 

 

お問い合わせフォーム
お問い合わせ件名
(必須)
お名前
(必須)
メールアドレス
(必須)
メールアドレス確認用
(必須)
電話番号
(必須)
お問い合わせ内容