ヨガをするということ。

こんばんは。

沖縄YOGA WINGのともこです。

インスタグラムで書いた記事を

こちらにもシェアさせていただきますね。

ヨガや瞑想・哲学・心理学・脳科学を学ぶと、

自分の世界から

苦しいことや

悲しいこと

辛いこと

怒ること

トラブル

が完全になくなるはずだと考える方も

少なくありません。

ヨガをしていても、

苦しいことや

悲しいこと

怒ること

傷つけられることは、

あります。

わたしも、

知らない間に

人を傷つけていることも

あるかもしれません。

ヨガをどんなに頑張ったとしても、

トラブルや辛いことが減ることはあっても

この世界で生きている限り、

そういったことが

ゼロにはなることはないのではないでしょうか。

ヨガは

“心の扱い方を上手にさせてくれる”もの。

苦しいこと

悲しいこと

辛いこと

怒ることが

あったとしても

その感情に振り回されるのではなく

自分を俯瞰して

その感情とうまく付き合うことができる。 .

そして、

その感情からの切り替えが早くなる。

その瞬間は落ち込んだとしても

負の感情にずっと浸るのではなく

ある程度時間が経てば

また元の穏やかな自分に戻れる。

「ともこさんも怒るんですか?」

と聞かれることがありますが

わたし、

自分を傷つける人には

相手が誰であろうと

ブチ切れます。

ブチ切れて、冷静に

でもハッキリと

「それはないんじゃないですか」

と言います。

それが

「自分を大切にする」

ということだと思っています。 .

傷つけられ

否定された時に、

何も言い返さないということは

自分で自分を侮辱することだと思うのです。

そんな行為は、

人に傷つけられ

自分でも自分を傷つける。

人と人は

関係性の中から学びます。

どんな偉い先生であったとしても

生きている限り

学びは続きます。

20代、

感情に振り回されてばかりだったわたしですが、

いまは、

とても切り替えが早くなりました。

自分の尊厳を傷つけられた時は、

相手が誰であろうと

きちんと怒りを伝えます。

誰がなんと言おうと、

わたしはわたしの尊厳を守ります。

それができるようになったのは

ヨガもそうだし、ピラティスをして、

カラダとココロを整えているから♡

たとえ誰かに否定されたとしても

自分だけは自分を否定しない。

わたしは

そんな自分が好き♡

カラダ、

整えませんか?😊

tomoco