ピラティスインストラクタープロコース*足関節捻挫後のピラティス指導

先日のピラティスインストラクタープロコースのレポです。

さわこさんの2回目です。

 

o0480027013257962284

クライアントさんは、

ピラティスをほとんどやったことがないという、

たまきさんが、奈良から来てくださいました(^^)

o0480078913257967530

問診では、肩こり首こりがあって

過去に(学生さんの頃)足首を捻挫したことがあるというお話が聞けました。

 

 

よ~~くその足首を見てみると、、、

o0480071213257967520

捻れています。

 

 

ストットピラティスで学ぶ姿勢分析の項目には、

内果と外果の高さをチェックするところがあります。

 

 

たまきさんの場合は、

内果と外果の下で捻れています。

 

 

姿勢分析の項目に慣れてきたら、

是非ここもチェックしてみてください(^^)

 

 

 

この足首の影響か?

肩甲骨周りや股関節などにも、

左右差が見られていました。

 

 

佐和子さんの指導のもと、

全身をまんべんなくうごかしていただいたあと、

o0480040713257970716

ミニスタビリティボールを踏んでおこなうエクササイズを

私と一緒に再度指導させてもらいました。

 

 

たまきさんの場合は、

骨盤帯が後傾方向への動きしかなく、

前傾、ニュートラル方向への動きがほとんどおこなわれていなかったので、

 

 

ボールを踏んでもらいながら

骨盤ニュートラルの動きを覚えていただきました。

 

 

 

すると。

o0480064013257990081

 

右側がアフターの写真です。

 

 

このエクササイズ1つで

全体に前のめりだった姿勢が,少し改善されています。

 

 

姿勢がいいと、

人に与える印象がだいぶ違いますよね!!

 

 

たった一つのエクササイズでも

きちんと意図をもって指導することで

すぐさま変化が現れます。

 

 

たまきさんご本人は、

『足がついてる!首肩がラク~!!』

という感覚だったそうで、

ピラティスにすごく興味を持ってくださいました(^^)



 

 

帰りの電車でも、

肩甲骨あたりがラクだったと教えてくれました(*^^*)

 

 

インストラクターとして余裕がない間は

問診とエクササイズをなかなか繋げていけない方が多いのですが

焦らずに、クライアントさんのお話に耳を傾けてみてください(^^)

 

 

エクササイズの選択には

問題がない方がほとんどです。

 

 

選んだエクササイズを

そのクライアントさんのために

どう活かしていくか

  というところが

ピラティスの1番おもしろいところ。

 

 

どこにフォーカスをして

どんなプロップを使い

どんなキューイングを出すか

 

 

このあたりを大切にしてみてください♡