ピラティスインストラクタープロコース スキルアップの流れ

ピラティスインストラクタープロコース。

日々やっているのですが、レポートがまったく追いついてません。。。

一部のみ、公開します。

o0480052013501184544

久々にいらしたみねさん。

o0480030113501184524

変わらずの安定ぶり。

o0480033213501184529

そして、かえさん。

o0480038813501184532

みんな濃い内容を一緒に姿勢分析、プログラミング、指導までおこなって、頭パンク状態 笑

o0480037913501184536

そして、こちらも頭フル回転の先日のゆかちゃん~。

o0480085413501191543

そしてそして、癒し度満開のさわこさん♡

私も、Max 頭フル回転すぎて、この日は力尽きてしまいました、、、

 

 

 
今は焦りの強さがみんなに見られますね。

なかなか物事が前に進んで行きにくい時期やしね。

現実と理想のギャップね。

インストラクターなりたて、とか ピラティス習いたての方は今は特に焦らないことですね。

 

 

 

技術も知識も積み重ね。

経験しないとわからないこともたくさんあるから、焦らず一歩一歩。

 

 

 

インストラクターのレベルアップの流れは

① 姿勢分析や問診からその方のレッスンにおける「目的」「道標」を持てること

② 目的を達成するためにその人の体にとって必要なエッセンス(必要な動きや、要素)をクリアにすること

③ 必要な動きに基づいてエクササイズのプログラミングができること

④ すべてのエクササイズ指導中に、その方の体にとって引き出したい動き、必要な動きをきちんと誘導できること

⑤ 自分が目的としていた方向へカラダがきちんと変化してくれたのか?それともうまく変化させられなかったのか?それならば今度はどうアプローチしていくか?再度思案できること

 

レッスンの流れはこの繰り返しになります。

 

 

ヨガと違って、ピラティスはクライアントさんを冷静に「評価」できることがスキルにおいて大切になります。

姿勢分析がレッスンの目的とつなげられていなかったり

なんとなくエクササイズを指導してしまいなんとなく終了する

または、いつの間にか問診が無視されている。

または問診不足も多いかな。

ということが起きているインストラクターさんが大半かと思います。

 

上記した5つの流れを網羅するところを目標に、はまずは1つずつ、1つ、2つだけでもクリアできるように頑張ってみてください。

お問い合わせフォーム
お問い合わせ件名
(必須)
お名前
(必須)
メールアドレス
(必須)
メールアドレス確認用
(必須)
電話番号
(必須)
お問い合わせ内容