エンパスの方必見!骨盤底筋をコントロールする方法♪

おはようございます。

ヨガとピラティス、占星術の沖縄YOGA WINGのともこです。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。







今日はちょっとマニアックなお話です。

できれば女性だけにお話したいこと。(笑)

でも男性にも必要な知識かな、、、?








ピラティスやヨガを教えるお仕事をするようになってから

クライアントさんにとっても多い悩み。






「ダウンドッグから足を上げた時に、膣に空気が入ってしまう」

「逆転のポーズをした時に、膣に空気が入ってしまう」

「お風呂に入ると、膣に水が入ってしまう」









ダウンドッグ、ここから大きく足を上げる時のことです。


逆転のポーズとは、頭よりも骨盤が上にいくポーズのこと。


こちらは鋤(すき)のポーズ。

こういったポーズを行う時に、膣に空気が入ってしまうというお悩みです。



膣(子宮)に空気や水が入ってしまう原因



骨盤底筋が緩く(弱く)なってしまうと、

子宮の中に空気が入ってしまいます。




骨盤底筋は、尿もれ対策に有効だと言われている筋肉です。

こちらです



オレンジのところが骨盤底筋です。




尿もれ、尿のコントロールが難しい、

子宮の中に空気や水が入ってしまう症状がある時には

骨盤底筋が弱くなって緩んでいる場合と、

逆に緊張が高すぎて引き上がりすぎている場合があります。




骨盤底筋が正しく働くためには




骨盤底筋は25%の力で引き上げることで正しく働きます。



骨盤底筋の筋緊張は、

0%でもダメだし、100%でもダメということ。




ピラティスでは内転筋や骨盤底筋の強化をおこなっていくのですが、

それでもなお骨盤底筋や内転筋がうまく使えない人には、

大きな特徴があります。







骨盤底筋がうまくコントロールできないのは、

グラウンディングできていないから。

地に足がつかず、ふわふわしているから。






上記のような症状、お悩みを持つ方は、

総じて下の方のチャクラが働いておらず、

地に足がついていません。





ボーッとして、頭が忙しい。

考えごとが多すぎる傾向です。




上の方のチャクラばかりが活性化されており、

バランスが非常に悪いのです。





骨盤底筋を働かせるチャクラとは





一番下の第1チャクラ(赤色の部分)には、

地に足をつけ、グラウンディングさせるパワーが備わっています。

生きる活力を生むのがこのチャクラ。

このあたりに骨盤底筋があります。





第1チャクラが正常に働かず、

上(頭)の方のチャクラばかりを使ってしまうと

現実を生きることが難しく、夢想的になります。



ふわふわ、現実逃避したり、起きもしないことを心配したり、

妄想癖があるかもしれません。

ニートや、引きこもり、うつ病などの精神疾患を招くこともあります。






やろうと思ったことを先延ばしにしてしまうのも、

あれこれ妄想が広がってしまうのも

グラウンディングできていないから。




現実を生きる力が弱いのです。


骨盤底筋を正しく働かせるためにやるべきこと



膣(子宮)に空気が入ってしまう、水が入ってしまう場合は、

まず、きちんとグラウンディングしましょう。

(グラウンディングについてはこちらからご覧ください。)





浮遊霊に憑かれやすい方、

エンパス、HSPの方もグラウンディングは必須です!







子宮の中に空気や水が入ってしまうのは、

エンパス、HSPの方に多い症状でもあります。





グラウンディングできていないから、

人のエネルギーをもらってしまうのです。

人の感情を感じすぎて、苦しくなってしまうのです。






次元が高くなってしまって

人との境界線がなくなってしまうのです。





だから、まずは、グラウンデイング!







グラウンディングするには、マントラや瞑想、

ヨガ、ピラティスがオススメです。





まずは1日の始まりと終わりにマントラを唱えてみてくださいね♪

グラウンディングできると人生が快適になりますよ♡




✴︎マントラを唱える方法はこちらから








今日もあなたが幸せでありますように

世界が平和でありますように




今日もみなさま素敵な1日を♡




























底筋が