負の感情との向き合い方♡

 

こんにちは!!

ヨガとマシンピラティス、占星術のスタジオ

沖縄 YOGA WINGのtomocoです。

 

 

 

10月に木星が蠍座に入ってからというもの

どの方にとっても自分の闇と向き合う時間が増えています。

 

 

 

木星が蠍座・魚座を通過する時は、魂の大きな成長ポイントになります。

成長する時は苦しみを生む事があります。

しんどいな〜と感じている方も少なくないと思います。

 

 

 

みなさんは、悲しみ・怒り・嫉妬・憎しみなど負の感情を感じた時

いつもどんな風にその感情と向き合っていますか?

 

 

 

 

負の感情との向き合い方が上手になると

木星蠍座期をうまく「魂の成長期」として過ごしていく事ができます。

 

 

今日は負の感情との向き合い方をお伝えしますね。

 

 

 

 

 

 

怒り、悲しみ、嫉妬、憎しみなど、負の感情を感じた時は

この気持ちを無視しない事です。

 

 

 

「ネガティブはダメ!!ポジティブが大切だから!!」と

怒りや悲しみなどの感情とは違うところへ意識を向けようとして

自分の本当の感情を押し殺してしまうと


感情が壊れていきます。

 

 

 

怒りや悲しみ、嫉妬を押し殺す事が癖になっていくと

感情が麻痺してしまい、

嬉しい気持ちやワクワク、幸せも感じられないようになっていくのです。

 

 

 

悲しみや怒り、嫉妬、憎しみなどの感情も、

「私たちが持っていい」感情なのです。

 

 

 

湧き上がってきた感情を、どこにも吐き出す事なく

「なかった事」にすると・・・

その感情はいったいどこへ行ってしまうでしょう?

 

 

 

それは体の中へと溜まっていき

常にその感情とともに生きる事になってしまうのです。

 

 

なかったことにしようとしたのに、溜まり溜まって

いつまでも自分の中にとどまってしまう事になるのです。

 

 

 

そうなると、

人に優しくされても

素直に「ありがとう」と言えなくなったり

心のどこかですねてしまったり

ストレスがたまって食べすぎに走ったりするようになっていきます。

 

 

 

 

 

お部屋を掃除する時、

汚れている場所を見つけたら

なかった事にはしませんよね?

 

 

 

 

 

 

汚れと向き合って、ごしごし汚れを落とすと思うのです。

 

 

 

人の心もそれと同じ。

 

 

汚れたら洗い流す。

 

 

 

汚れやゴミを「なかった事」にしてしまうと

どんどんゴミは溜まっていき

いつしかお部屋がゴミでいっぱいになっていくのです。

 

 

足の踏み場がなくなったお部屋はゴミ屋敷になり、

すべての「循環」が悪くなってしまいます。

 

 

 

 


だから、負の感情は無視しない事。

 

 

 

どんな小さな怒りでも嫉妬でも

その起こった感情にバツをしないで

まずは認めてあげましょう。

 

 

 

わきあがった「怒り」や「嫉妬」「憎しみ」には

火のエネルギーが有効です。

 

 

「ゴミ」を燃やしてしまうのです。

 

 

 

 

炎を見つめたり、火山の映像を見たりすることで

怒りや憎しみが昇華し解放する事ができます。

 

 

 

 

 

 

お部屋で一人の時には

クッションを投げつけて怒りを発散する!!!とか

泣く、叫ぶ、カラオケに行く、思いっきり走る!!

 

 

負の感情を感じた時にその都度、外へと発散させてあげることで

心のお掃除ができます。

 

 

 

運動不足なんてもってのほか!!

運動は、一番のマイナスの感情の解放法なんですよ!!

 

 

 

感情は溜め込むと、大爆発を起こします。

 

 

 

怒りや嫉妬を感じた時にその都度

気持ちを無視しないできちんと向き合う事。

 

 

 

こまめなお掃除で

体と心を浄化してあげましょう♡

 

 

 

クリスマスは大浄化スペシャル!!

 

 

 


(クリックするとイベントの詳細に飛びます)

 

 

12/24(日)は108回太陽礼拝で煩悩のお掃除!!

 

 

 

 


(クリックするとイベントの詳細に飛びます)

 

 

12/25(月)は、キャンドルナイトキールタンで解放!!

 

 

今年のクリスマスは、ヨガで心と体を大浄化してあげましょう〜〜♡

 

 

 

 

 

 


マシンピラティスが復活しました!

 

 

全国から受講しに来てくださっています!

 

 

お問い合わせフォーム
お問い合わせ件名
(必須)
お名前
(必須)
メールアドレス
(必須)
メールアドレス確認用
(必須)
電話番号
(必須)
お問い合わせ内容