下半身ダイエットを成功させる食習慣♡

 

こんにちは♪( ´▽`)

沖縄のヨガとマシンピラティス、占星術のスタジオ

YOGA WINGのtomocoです♪

 

 

今日は下半身痩せを叶える習慣のお話をしますね♡

 

 

自慢ではありませんが・・・

私は学生時代かなりの下半身デブで、

大きなコンプレックスを抱えていました。

 

 

 

身長160センチ 体重50キロは 学生時代も38歳になった今も

ほとんど変わっていないのですが、20年ほどで体型がかなり変わりました。

 

 

 

学生時代はバスケットボールをしていたこともあり

もともと筋肉質だった脚に、より脂肪も筋肉もたくさんついてしまっていました。

 

 

 

上半身は細いのに、骨盤から下が洋梨のように大きく

特に太ももが太い下半身太り(ー ー;)(ー ー;)(ー ー;)

 

 

 

ジーパンを買ったら、

全部太もものところで止まってしまい、入らない。。。

 

 

 

そんなコンプレックスをいつか解消したい!と思っていた頃

ピラティスに出会いました。

 

 

 

 

 

 

ピラティスを始めてから、体型が大きく変わり

まず、下半身と上半身のバランスが良くなりました。

 

 

 

 

 

ピラティスである程度

下半身は目立たなくなったのですが、

それでもまだ太ももが太めだったので

次に私が取り組みだしたのが、お食事の改善でした。

 

 

 

どんなにいいエクササイズをやっても

お食事が変わらなければ脚は細くならなかった!!!!!

 

 

 

 

お菓子大好き、甘いもの大好きだった私が少しずつお食事を改善して、

今は太ももが普通サイズに!!

(学生時代の主食は、ポテトチップスと超甘いミルクティーでした!)

 

 

 

 


今ではジーパンも太ももで止まることなく、はけるようになりました♡

 

 

 

 

 

ということで、

私の経験とお客様の下半身痩せを成功させたお食事指導の中から

効果があった方法をお伝えしていきますね。

 

 

 

 

 

 


下半身痩せを叶える食習慣

 


1) クリーミーなものを避ける 

 

バターやシチューなどの乳製品や味の濃いものは、塩分や糖分、脂肪分の取りすぎにつながります。

実はこれらが、下半身をがっちり太く育ててしまいます。

クリーミーな料理は、「脂肪分(乳製品)と糖分が組み合わさった」ものです。

脂肪分だけを食べても体内に蓄積することはないのですが、脂肪分と糖分を一緒に食べると、

糖と脂肪が一緒に脂肪細胞に取り込まれて体脂肪として蓄積してしまいます。

揚げ物やジャンクフード、スナック菓子もこれに含まれてしまいます。

 

スナック菓子の裏に書かれている成分表を見てみると、「植物油脂」「砂糖」という文字が入っていませんか?

これが、足を太くしてしまう原因になっています。

残念ながらほとんどのスナック菓子にこれが含まれているんです。

下半身太りで悩んでいる人の多くはスナック菓子が大好きです。

まずは、スナック菓子を断って見ることから始めてみましょう。

 

 

 



2) 食品添加物の摂取を避ける 

 

食品添加物は肝臓や腎臓に負担をかけ、脚やせを遠ざける元凶となってしまいます。

腎臓に負担がかかると、体内の水分を体の外に出すことができなくなり、

むくみとなってあらわれます。

女性の脚が太い悩みの多くの原因は、「むくみ」です。

インスタント食品や、保存料の入った食品を減らして、リアルフードを口にするようにしましょう。

 

 

 


3) 冷え性を改善する 

 

体が冷えていると、下半身痩せは成功しません。

体を温めることが下半身痩せを成功させるための鉄則です。

体温が高くなると代謝が上がり、脂肪が燃えやすくなります。

また、食べたものを胃腸で消化する力も上がります。

シナモンや生姜など体を温める食材をうまく使ってあげましょう。

 

 

 


4) 食べ方にこだわる 

 

食べる内容には気を使うことができる人は多いのですが、

食べ方に気を使える人は多くありません。

せっかく下半身痩せのために栄養のあるお食事をしても

食べ方が良くなければ台無しです。

食べたものが口から入り、胃を通って小腸で吸収され、不要になったものを大腸で排泄する。

この消化器系の正しい経路を通るためには、食べ物をきちんと噛み砕くことが大切です。

 

よく噛んでいる間に消化酵素である唾液が出てきます。

これが胃や腸への負担を減らし、消化器系を正しく働かせるポイントになります。

1口30回以上噛んで食べるようにしましょう。

 

 

 


5) パンよりリご飯、洋食より和食を選ぶ 

 

パンは、小麦粉を硬くして焼いたもので、消化器系への負担が増えます。

日本人は欧米人に比べて腸が長いと言われており

小麦の消化に慣れていません。

昔からご先祖様たちが食べている和食のほうが日本人の体の消化に慣れているのです。

 

パスタやパンはおしゃれで人気がありますが、

下半身痩せにはマイナスです。

できる限り和食を選んでいきましょう。

 

 

下半身痩せを叶えてスッキリ足を作りましょう♡

 

 

 

参考:胃腸の調子を整えるのに大切なこと♡

 

 

 

 

 

マシンピラティス始まります!

 

 

全国から受講しに来てくださっています!

 

 


基礎セミナー開催中!

 

 

 

お問い合わせフォーム
お問い合わせ件名
(必須)
お名前
(必須)
メールアドレス
(必須)
メールアドレス確認用
(必須)
電話番号
(必須)
お問い合わせ内容