傷害に対するピラティス

今日、6月に参加する予定のピラティスのコースの教科書とDVD が届きました(^^)

IMG_20140528_214113_424

肩や腰など関節の痛み、産前、産後にも高い効果を表すピラティス。

私はピラティスを学ぶ前に、様々な民間療法を学んだり、トレーナーとして病院でリハビリテーションをしていた時期がありました。

 

今回の

Stott pilates ISP コース
傷害と特殊条件に対するピラティス

では、

今まで多くのクライアントさんの、痛みの改善に、たくさん良い結果をもたらしてきてくれたピラティスのスキルに

さらなる知識やスキル、テクニックを学ぶことができます。

 

どんな疾患も悪くなりきる前に、レッスンを受けていただくといいなぁと思います。

 

手術間近になる前に、自分の体に目を向けてあげて、

向き合ってあげることできっと良い結果を期待できるんじゃないかな!!と。

ピラティスと言えば、ヘルニアや脊柱管狭窄症、頸椎症など、整形外科疾患に対する効果が有名ですが、

糖尿病や、パーキンソン病、自己免疫疾患などにも効果が期待できます。

今回は、それらの疾患に対して、ピラティスの活かし方を深めてきたいと思います。

ピラティスや、体への興味はつきることなしです。

ぜひ、ピラティスライフを、多くの人に楽しんでもらいたいです☆