肩関節脱臼のためのピラティス

こんばんは。
いつもありがとうございます。
tomocoです。

日々、スタジオには様々な疾患をお持ちのクライアントさんにお越しいただいております。

軽症の疾患から、これはなかなか難しいな、と感じるような疾患もあり、毎日一生懸命レッスンに取り組むことができています。

いつも私にたくさんの経験をさせていただき、ありがとうございます。

 

最近のレッスンの中でも 特筆すべきものはたくさんあります。
その中からいくつかご紹介したいと思います。

ご自身の体に身に覚えのある方は、ぜひピラティスを始めてみてくださいね。

 

まずは。

肩関節の脱臼にたいするピラティス。
肩関節の脱臼は何度も繰り返す反復性であることが特徴です。

一度脱臼を起こすと、日常生活のなかでたいした動きをしていなくても 簡単に脱臼をしてしまうことがよくあります。

アスリートの場合などは 手術対象になることも多いですが、一般の方の場合は手術になるケースは少ないように思います。

 

そんな中、ピラティスでは 肩関節周りの 小さな筋肉たちを地道に鍛えていきます。
細かい動きを、何度も反復して繰り返して行くレッスンが続きます。

肩周囲の筋の強化が必須だからなのです。
同時に脱臼肢位(脱臼をしてしまうポジションに入る癖)を防ぐ指導をしていっています。

ほっておくと、関節の不安定性が増大し、四十肩、五十肩などの疾患を招く可能性が高くなります。
そんなお話をしながら、日々地道にインナーマッスルを強化しながら、全身の筋とのバランスをとっていきます。

 

やってはいけない肩の動き、避けた方が良い荷物の持ち方
そんなこともとても重要です。

ひとつだけしかない あなたの体 
長持ちするように 大切に使ってあげましょうね♪