甲状腺疾患 バセドウ病とハシモト病の改善にヨガ・ピラティスを取り入れよう

こんにちは。
沖縄のYOGA WINGの tomocoです。
初めての方は、私のプロフィールはこちらです。
わたしは大阪で15年 ピラティス・ヨガの指導をしてきました。
大阪では、O脚や腰痛、ヘルニア、すべり症、不妊症、うつ病、心身の不調などあらゆる疾患、痛みにお悩みの多くの方を改善してきました。
大阪ルミエールでのお客様の声をこちらに集めました。
多くの方を救う一方で、繊細な体質のためにセッションでの疲労が大きく、2017年1月、沖縄に移住しスタジオも移転しました。

 

 

■開催予定のイベント
⚫︎3月19日〜21日 宮古島リトリート (募集中です♡)

 

 

■ヨガ・ピラティス グループレッスンスケジュール
3/5(日)11:00~12:00 ヨガ
3/6(月)11:00~12:00 ヨガ 19:00~20:00 ヨガ
3/7(火)11:00~12:00 ピラティス 14:00~15:00 ヨガ
3/9(木)11:00~12:00 ピラティス 19:00~20:00 ピラティス
3/10(金)11:00~12:00 ヨガ 19:00~20:00 ヨガ
3/11(土)11:00~12:00 ピラティス

キャンペーン中です

 

 

最近、40代、50代のクライアントさんで、バセドウ病、ハシモト病と続いていて、レッスンから気づいたこと。

 

以前にも甲状腺疾患についてはblogの中で触れています。

甲状腺疾患のためのピラティス

 

甲状腺は、チロキシンというホルモンを分泌する場所です。

このホルモン、代謝に関わり、ダイエットにも大きく関わるホルモンです。

 

 

チロキシン過多になったとき、バセドウ病を発症し、逆にチロキシン不足になった時、ハシモト病を発症します。

興味深いことに、バセドウ病を発症されるクライアント様は生理も過多な傾向。

40代でもしっかりと七日間、生理があるのです。

出産経験がなくてこの量だということは、かなり多いと推測されます。

こうなると同時に乳ガンのリスクも上がってきます。

 

 

一方、ハシモト病を発症されるクライアント様は、生理が早く終わってしまう傾向。

40歳そこそこで閉経する方が多いです。

こちらは、骨粗鬆症など、骨に対するリスクが上がってきます。

 

 

甲状腺ホルモンの分泌には大きく自律神経のバランスが関わってきています。

 

 

交感神経と副交感神経

 

交感神経と副交感神経のバランスによって、ホルモン分泌も影響を受けるわけですが、

交感神経が優位な方はホルモン過多なんですね。

 

 

交感神経型の人って、痩せ型でいつもせかせか働いて動いているイメージですよね。

陰陽でいうとこちらが「陽」にあたります。

女性・男性どちらにも女性性・男性性はあって

男性性がつよくなると、交感神経があがります。

 

 

 

逆に副交感神経優位な方はホルモン不足に陥りがち。。

こちらはゆったりのんびり、ぽっちゃり型。

こちらが「陰」のほうです。
o0480036013450308995

 

 

甲状腺疾患の場合、

甲状腺ホルモンだけでなく、カラダ全体のホルモンバランスが崩れている傾向にあるのかもしれません。

 

 

そう考えると、甲状腺疾患の治癒には自律神経のバランスを整えるのがいいんですね。

 

 

甲状腺疾患に限らず、

自律神経のバランスを整えるだけで治ってしまう病気はたくさんあるでしょう。

 

 

さらに興味深いことに、ホルモン過多傾向(交感神経型)なクライアントさんは、入眠時、英語の勉強をするためのCDをつけているとか。

 

 

寝入る時にそれでは、脳が混乱してしまいますね。

 

 

寝ていいのか? 脳を働かせなきゃいけないのか?

 

寝てても、潜在意識は聞いてますよ~。

 

ロックも波動をグチャグチャにするとか 言います笑

寝る前のロックミュージックも、避けた方がいいかもしれませんね。

 

 

あ。スマホも、ダメですよね~。

電磁波で自律神経乱れるんです。

 

 

ホルモン過多傾向の方は、まずは自分がきちんとリラックスできる環境を整えてあげてくださいね。

寝るときはリラックスできるヒーリングミュージックや波の音とかにしましょう~。

 

 

あと、占星術であつかう月星座のことをやるといいんだけど、これまた詳しくどこかで書きますね。

月星座=リラックス=「陰」=女性性

なんです!

 

これを参考に

自律神経のバランスをとる方法~太陽星座と月星座~

 

 

なんか、よくトライアルレッスンとかのお問い合わせで、

「ヘルニアで、数年前に病気してさらにはO脚で足痺れててカラダボロボロなんです」

的な感じでいただいたりするんですけど、

そういう方に限って、

「じゃあ是非トライアル受けに来てください」っていうと、

「今は仕事が忙しいので時間取りにくいんです」

とか、

「一回で治りますか?」

とか聞いてきたりします。

 

 

もうこれ、テッパンのパターン。

 

 

そもそも、もうその考え方がカラダをいためてしまう考え方ですね。

自分のために時間やお金を使うっていう意識がなかなか持てないってことだから。

そこが変わらない限り、カラダも変わらないよね。

カラダを治すのは私じゃなくて、クライアントさん本人の治癒力だからさ!