婦人科系のトラブル

こんばんは。
tomocoです。
大荒れの天気ですね。

 

不安定な天気に伴って、体調を崩す方もいらっしゃるかもしれません。
気圧の変化で骨盤や関節の内圧にも変化をきたしますので、どうぞご無理はされませんように。

 

スタジオに来られる方の中でも多いトラブル。
子宮や卵巣の問題。

 

レッスンの初めに問診したときに何もおっしゃらない方でも、
カラダをリーディングしてみると子宮や卵巣のあたりのエネルギーが下がっていて

『婦人科系の調子はどうですか?』
とお聞きすると、

『もう長いこと調子悪いんです』
と答えられる方はとても多いです。

 

女子には避けて通れない道でありますね。
生理痛や排卵痛は個人差がありますが、
きつい方は本当に毎月大きな悩みになります。

 

私自身も、20代前半までひどい生理痛に悩まされ続けました。
今ではほぼ生理痛がない状態にまでなりましたが、
子宮や卵巣など婦人科系のことは常に頭にあります。

 

それは、大地からのエネルギーは
足裏・下肢を通して子宮から体全体に引き上げることになるからです。

 

ヨガでよく言う、

『チャクラ』

t01580281_0158028111254965178

(チャクラのことについて知りたい方は こちら⇒ をどうぞ)

一番下の丸いところが第一チャクラと呼ばれ、カラダの土台になる部分です。
まさに子宮があるところ。

 

ここがしっかりとエネルギーが充実して、下から上へとエネルギーを引き上げ、体内にまわっていかないと、様々な体調不良が解決していきません。

ヨガのレッスンで先生が
『バンダをしめて』
と何度もインストラクションをかけるのは
そこのエネルギーがとても大切だからです。

 

ピラティスでは
『骨盤底筋』
と呼ばれる筋肉で表現しています。

 

 

婦人科系のトラブルの原因を大きく4つに分けてみました。

① 骨盤周りのゆがみ、筋肉・関節などの使い方の不具合
② 食事バランスの悪化(栄養不足、偏り)
③ ココロの問題(女性性と男性性のバランス)
④ シャンプー、化学品・加工品の摂取により、子宮に化学物質による毒素がたまっている

 

ひとつひとつ対処法などを説明をしていけたらと思います。
続きは次回に!

 
tomoco