股関節脱臼の方のためのピラティス

こんばんは。
tomoco です。

今日2回目の投稿は、

『股関節脱臼』について。

 

高齢になってくると、様々な関節が変形をおこし、そのために、痛みを発する場合があります。

 

女性の方は、膝関節の変形がとても多いです。

男性にももちろん、膝関節の変形はおきますが、圧倒的に女性に起こりやすいです。

筋力や骨盤の形などが影響しているためなのですが、

 

 

ここのところ、ルミエールには、

『股関節脱臼』の症状でお困りの方が続いています。

 

生まれたときに、股関節のソケットの部分の作りが浅いことなどが理由で、

脱臼を起こす症状を、『先天性の股関節脱臼』と言います。

 

これをお持ちのかたは、若い頃は痛みがないことも多いのですが、年を重ねるごとに、

関節が磨耗して変形をおこし、痛みを発生してくることが多いのです。

突然の股関節の痛みに襲われ、整形外科を受診して初めて、

自分が『先天性の股関節脱臼』だったと知る人も少なくありません。

 

ルミエールにも、最近、この疾患のクライアントさんがおられます。

歩くのもままならないくらいの激痛に襲われていた、まだ手術をされていない50代の女性と、

20歳の時に股関節脱臼の手術をされたという、30代の女性です。

 

どちらのかたも、順調にトレーニングが進み、今は痛みが出ることもなく、日常を送られています。

激痛に襲われていた、50代の女性の方については、テニスや、マラソンができるまでに快復!

 

クライアントさんのQOL(生活の質)の向上は、インストラクターにとっても、嬉しいお話です(^^)

いつも、こうして、体が良くなっていかれるクライアントさんから、やる気をいっぱいもらっています。

 

tomoco