感覚・感情を取り戻して人生を切り開く!

自律神経セミナーの中でお話している

自律神経のバランスをとる方法。

 

人間の細胞には

感情のレセプター(受容器)

があります。

 

憂鬱なものか、幸せなものなのかはともかく、

その感情は細胞に対する

「麻薬」

のようなものとなっています。

 

 

『悲しい』という感情のレセプター

『楽しい』という感情のレセプター

『怒り』という感情のレセプター

 

 

そのレセプターに合わせて私たちの周りに出来事が起こっています。

 

レセプターがいったんその感情に慣れてしまうと、麻薬のように繰り返し使用しなければいけなくなっていきます

 

つまり。

 

感情のレセプターが先にあって

そこに出来事が入ってくる。

 

しかも、その出来事は、どんどんキョーレツになっていく。。

麻薬ですから、、、

 

少しの刺激では足らなくなるんですね。

自分の体が持つレセプターが現実を引き起こしていると気づくまで、出来事は続きます。

 

 

セミナーやレッスンをやっていると、

とにかく自分のカラダへの意識が低い方がいらっしゃって、

『ここが伸びてるの分かりますか?』

と私が聞くと、

『何も感じない』『わからない』

となってしまうクライアントさん。

 

 

これまでの人生を他人や社会に合わせすぎてきて

『自分』

が麻痺してしまってる事が多いのです。

自分がどうしたいのか

自分が何を感じているのか

わからなくなってること、少なくありません。

 

 

それでもその方の中で何も問題でなければ良いですが、

もし体や心、人生に何か変えたいと思うことがあるなら

健康に生きたいと思うなら

まずは、『カラダ』や『自分』を感じる力を取り戻すこと。

 

 

人には防御反応があって

受け入れがたいこと、辛いこととかがあると、

それ以上感じると心が壊れてしまうために、

無意識に心を閉じ、感じないようにする力があります。

 

 

そうなると、

何が起きても無感情、無感動。

 

 

連動してカラダへの意識も低くなるから、

大きな病気をするまで気づかないようになってしまいます。

 

 

感情は、自分を知るためのセンサー。

 

感情がないと、自分が何を好きで何が嫌いで

どうしたいのかがわかりません。

 

天職を見つけられるのも

好きな人と出会えるのも

感情があるからこそ。

 

まずは、感情を取り戻していきましょう!

取り戻す方法、また書きますね!!