あなただけの幸せの形の見つけ方♡


こんにちは!

沖縄のヨガとマシンピラティス、占星術のスタジオ

YOGA WINGのtomocoです♡

 

 

 

 

4日の牡牛座の満月を超えて

水星が射手座に入りました。

 

 

今、エネルギーの変わり目にあり、

混沌としています。

 

 

ちぐはぐ感があったり、

思ったことと違うようなことが起きているかもしれません。

 

 

水星は射手座では割と調子が良いです。

 

 

蠍座では水星はあまり力を発揮できないと言われています。

先週はピラティスクラス、私のインストラクションもカミカミでした。(⌒-⌒; )

 

 

今週はカミカミもなおって、滑らかに言葉が出てきています。(*^^*)

 

 

 

 

 

ピラティスのクラスは、私にとって無理なく自分を出せるものです。

何も考えずにクラスがはじまっても、最終的にはみんながきちんと整っていくのを感じます。

 

 

 

ヨガのクラスでは、感性を高めて集中力を上げるためにレッスンの始まる1時間半以上早く

スタジオに入ります。

感性を集中させるのに、時間が必要なんです。

 

 

 

みなさんは、ヨガとピラティスの違いをご存知でしょうか?

 

 

 

 

 

 

ヨガは「感性」を使っておこないますが

ピラティスは「知性」を使っておこないます。

 

 

ヨガは右脳でピラティスは左脳。

 

 

感情や感覚を感じる「感性=右脳」と

感情をコントロールする「知性=左脳」

 

 

私たちが生きていくためにはどちらも必要です。

 

 

 

脳はどちらもバランス良く使うことで、自分の能力が最も大きく発揮できます。

感性高く、それを理論や言葉で伝えることができると最高の人生になります(*^^*)

 

 

 

私はもともとHSP(Highly Sensitive Person)という高すぎる感性を持っていたのにもかかわらず

30年以上、ほとんどそれを使わずに左脳ばかりで生きてきていました。

(参考:HSPの特徴と対処法

 

 

 

 

感性をおさえこんで生きているうちに、

何を好きで、どんなことをしたいのか、何が喜びで、何が嫌いなのか

まったくわからなくなってしまっていました。

 

 

だから親や社会に刷り込まれた「標準の生き方」が、

幸せの形だと疑わなかったんです。

 

 

 

 

 

 

ヨガ出会う前、ピラティスだけをやっていた頃、

物事をすべて

「正しい」「間違っている」

「合理的か」「合理的でないか」

「結果出るのか」「無駄なのか」

で判断し、とても頭でっかちでした。

 

 

 

もともと脳の使い方が左脳に偏ってたのに、さらにピラティスで左脳ばかりを使ううちに

もっと感性を開くことができなくなり、知識や理論ばかりで生きるようになっていました。

 

 

 

 

感性が閉じた時、人がどうなるかというと、

評価をすべて社会や他人にゆだねるようになります。

それは、一人の人間としてはとても悲しい、寂しい生き方でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

30歳を過ぎて、瞑想やヨガを始め、

感性を少しずつ取りもどすことができるようになってきました。

 

 

 

それがどんどんエスカレートして

昨年宮古島に移住したら

閉じてた感性がパッカーーーーーーーンと開いて、

止まらなくなりました(*^^*)

 

 

 

そのとき、感性を閉じていると

魂が鬱屈して(スネてしまって)、体調不良やモヤモヤとしてあらわれてくることを知りました。

 

あなたの魂はご機嫌いかがですか?

 

 

私は、今もまだまだ感性は開き中です♡

 

 

 

心からの幸せを感じるには、「自分だけの感性」を開くこと。

 

 

 

 

 

私は結婚もしていませんし、子供もいないので

30代の女性として、標準的な生き方ではないと思いますが、

沖縄に来てやっと「私が思う幸せの形」を体現でき始めた気がしています。

 

 

 

感性を開くことで「幸せの形」に気づける・・・

 

 

 

 

私は皆さんにもヨガとピラティス、どちらかだけでなく、

どちらもバランス良くやってほしいなと思っています。

 

 

 

右脳と左脳、どちらもバランス良く使って

あなただけの幸せの形♡を作り上げていってくださいね♡

 

 

 

 

 

 

マシンピラティスのレッスン前後のお客様の姿勢の変化とレッスンの感想はこちらの画像をクリック♡

 

 

 

基礎セミナー開催中!

 

 

お申し込みフォーム
イベント名(必須)
お名前(必須)
メールアドレス(必須)
メールアドレス確認用(必須)
電話番号(必須)
お問い合わせ内容