『変形性股関節症』に対して、気をつけるポイント!!

こんばんは☆RISAです(^^)

 

今日は、tomoco先生ファミリーが、スタジオに来てくださいました!♡

 

TOMOCO先生のお母さんは、産まれつき、変形性股関節症で、

最近は特に 腰痛が酷い とおっしゃられていました!!

毎週ピラティスを、受けに来たくださるようになってから

今日で3回目のピラティスで、

いらっしゃった際に、今日の調子や、腰の具合をお伺いすると、

「そういえば、腰痛い事忘れるくらい、痛くなかった!!」

と、腰痛が改善された様子で、

とっても嬉しいご報告をいただきました(^^♪

変形性股関節症に対して、特に気をつけて、行っているポイントは、

股関節に、スペースをつくるように意識してもらうことです!!!!

それはナゼかというと、、、、

下記の写真を見ていただくと分かりやすいように、

通常の股関節にはスペースがありますが、

変形性股関節症では、骨と骨がすり減ってしまい、

股関節がつまり、スペースがなくなってしまいます(>人<;)

img01_01

このように詰まってしまっている股関節に対して、

荷重・体重をかけないようにも気をつけます。。

 

ですので、出来るだけ股関節にスペースをつくるように

ピラティスをおこなっていきます(*^^*)

少しでも快適に過ごしていただけるよう、頑張っていきたいと思います!♡

そして、TOMOCO先生から!!✨

「イアンヌでとっても可愛いハンカチあったから♡」

と、プレゼントしてくださいました(;O;)♡

image

素敵すぎるハンカチ!!本当に宝物です✨

そして、TOMOCO先生の妹さまからは、

とっても美味しいミルフィユをいただいてしまいました(;_;)♡

image

とっても可愛い双子ちゃんも抱っこさせてもらえ、image

TOMOCO先生ファミリーに、癒されまくりの一日でした♡

RISA