初めまして!

このたび、新たにルミエールのお仲間に加わらせていただくことになりました、KEIKOです(^-^)

私は子どものころから運動は苦手でした。
大人になってからも長らく、運動の「う」の字もしないデスクワークの会社員でしたが、ピラティスに出会ってからというもの、身体も心も、変化を体験し続けています。

知人からの紹介で始めたピラティスですが、始めてしばらく経ったころ、ピラティスをお休みした翌週のほうが身体が疲れていると気づきました。
運動する=疲れる、と当たり前に思っていただけに、ちょっとした衝撃でした。

次には、休みの日に友達と買い物がてら数時間ブラブラしただけで腰痛になっていたのが、いつの間にかなくなっていることに、ふと気づきました。
そしてさらには、ひと冬2回は引いていた風邪→寝込む、ということがほぼ無くなっていました。

そんな小さな変化を繰り返し着々と元気を蓄え、いつの間にやら気力が湧いて、仕事以外の活動も始めました。そこでご縁あって海外で暮らすことに。そこでもまた新しい経験をし、新たな自分を見つけることもありました。
そして今や、運動苦手だった自分がピラティスインストラクターになっている、という自分でも予想外の変化ぶりです。

ピラティスは、運動が苦手でも無理なく取り組めます。
身体を意識的にじっくり動かすことで自分の身体に対する発見があり、そんなところがピラティスの面白いところだと私は思っています。

ピラティスで、自分でも知らない自分を発見してみませんか☆

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!