背中についたお肉を吹き飛ばす♪

0606hoo

 

薄着の季節がやってきましたね。
身体のラインが気になる時期、ついにきたなと覚悟を決めるKEIKOです。

今日は、気づかぬうちについてしまった「背中のお肉」を減らす方法を
せな肉(=背中のお肉をこう呼んでいます)経験者の私がお伝えします。

 

その方法とは。

呼吸です。

 

なんともシンプルですが、私はこれで減りました!

当時は背中のお肉を減らすつもりでやっていたのではないのですが、
およそ3ヶ月程度で、人から「なんか身体が薄くなった?」と言われ、
自分でも「ん?減ってる!?」と気づく、という、偶然の産物です♪
(偶然ではなく、必然と分かったのは後のことです。)

 

それではさっそく、やり方です。

 

1. 軽く膝を曲げて座り、身体を前に丸めます。

体操座り、三角座り、といわれるカタチです。
※腿(もも)の前が苦しい方は、お尻の下にクッションを敷くなど、お尻を少し高くします。
手は楽なところに置いておきます。

 

2. 息を吸います。

このとき、鼻から吸います。
肺を囲っている肋骨部分を前後左右・立体的に膨ませるように吸います。

そして、そうする中でも特に息を入れたいのが、

背中の横や後ろです。

↑ポイントここです☆

 

3. たっぷり息を吸い込んだら、吐きます。

口をすぼめて細く長く、音を立てるようにして吐きます。
さっき膨らんだ肺と肋骨部分が
柔らかくしぼんでいくのを感じながら
肺の中身を全部吐き出します。

もう吐けない!となるくらいまでしっかり吐き、
そこでようやく新しい、フレッシュな空気を吸い込みます。

 

これを繰り返すだけで、背中のお肉が減ります。

 

普段は無意識的に、しかし絶えず行われる呼吸を、
少し意識的にやるだけです!

どこに居てもできるし、気づいたときだけやってもいいし、
運動が不得意な方でも難しくないと思います。

どうぞやってみてくださいね!

 

今回は、背中のお肉、という見た目に注目しましたが、
このような深い呼吸をすることで、もっとたくさん良いことが起こります。
次は、そのあたりに触れていこうと思います。