浅い呼吸がもたらす不調

 

梅雨に突入しましたね。KEIKOです?

 

0608_2

さて、今日は呼吸のお話です。

ピラティスでは、深い呼吸を意識的に行いながらさまざまなエクササイズをします。

別に普通に呼吸をしていても身体は動かせるのに、なぜ「深い呼吸」に意識を向けるのでしょうか?

 

「深い呼吸」と反対の「浅い呼吸」ではどんなことが起こるのでしょうか?

浅い呼吸で起こること

①身体に酸素が十分に取り込めなくなる。
  ↓
②血行不良

この血行不良は、さまざまな不調を呼びます。
・むくみ
・冷え
・肩こり
・内臓の機能低下

などなど、挙げればきりがないですね?

 

また、自律神経との関わりから、

・ストレスがたまりやすくなる
・熟睡できない
・倦怠感
・動悸、不安感

など、自律神経の乱れからも多くの不調が起こります。

 

生まれたときから始まって、
昼夜を問わず自動的に繰り返されている私たちの呼吸ですが、

こんなにも身体と深くかかわり合っています。

 

次回は、オススメの「深い呼吸について」です✨