骨盤は身体の土台。しなやかな骨盤で得られる安定感

 

こんにちは。KEIKOです?

今日は骨盤のお話です。

 

身体の土台となる骨盤。

『土台』となるものに必要とされることとは?
それは、

安定感です!

 

今日のお話の主役、

骨盤=骨なので、『動く』というイメージはあまりないかもしれませんが、

骨盤は、3つのパーツから成ります。

それらが合わさった全体が『骨盤』と呼ばれています。

 

骨盤がしやなかな弾力をもって動くこと。

それがあることで、心身ともに生きやすくなります✨

 

骨盤が弾力を持って動く状態とは、

呼吸とともに周囲の筋肉が柔軟に動くこと。

 

そして、呼吸によってゆったり動くしなやかな骨盤が、

安定感

をつくります。

 

ピラティスは、
個々の身体や目的に応じたトレーニングの時間ですが

それと同時に、
自分の身体の感覚を研ぎ澄ませていくために
とても適した時間にもなります。

『自分の身体』にとんでもなく集中する時間をつくる。

 

そんな試みも面白いかもしれません?

image