不安ばかりの未来から楽しみばかりの未来へ♡




おはようございます。

ヨガとピラティス、占星術の沖縄YOGA WINGのともこです。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。





お知らせです〜

4/2(火)19:30〜のピラティスクラスは、BASI PILATES のナミキ先生による

美脚ピラティスとなります。

私が指導しているピラティスは ” ストットピラティス”という流派ですが、

ナミキ先生は別の流派のピラティスを指導されます。

違う流派のピラティスも是非体験してみてくださいね!

よろしくお願いいたします♡









旅行運も、お仕事運も、金運も、男性運も、人間関係運も

すべてにおいて運が良くなったなあ〜と思うこのごろ。








この世は、単純に


運が良いと、生きるのが楽しい。

運が悪いと、生きるのが辛い。





運が良くなると、単純に生きるのが楽になった。





すごく色々な運が良くなったな〜と思うこの10年で、

一番変わったのは私の持つ感情。







自己否定が強く、感情に振り回されてばかりいたけれど

自己肯定ができるようになり、感情に振り回されることがなくなった。






不安と焦燥感でいっぱいだった未来が、

”何が起こるかわからないからすごく楽しみ” な未来になった。




感情に振り回されず安定させる方法は

ヨガと瞑想から学びました。







心の行くところへ息は従う

引用 ヨガスートラ 第1章ー34




心とプラーナ(息)には密接なつながりがあります。




心が高ぶっているときは、息が荒い。

深く考え事をしているときは、ほとんど呼吸していないことがある。





心が集中して静かになると、呼吸が止まる



この、努力を伴わずに起きる、「自動的な息の停止」

”ケーヴァラ・クンバカ”と言います。





ヨガのクラスでは、”ナディショーダナ”といって、

息を止める、”クンバカ”を伴った呼吸法を行うことがあります。






これは、息を止めることによって、

思考を止めることを意図したもの。






私たちは、思考がなかなか止まらない。

気づくとすぐに、何かを考えている






ヨガスートラでは、不安や困惑のために心が乱れたら、

心の全てを息に向け、何度か深呼吸すると良い
と書いています。





日常生活の中で突然怒りがこみ上げてきたら、

何度か深い呼吸をして、息に注目してみる。





すると怒りが消えてしまう。

心の動揺を感じたときはいつでも呼吸を整えてみよう。





感情に振り回されずに

自分を高い視点から俯瞰してみよう。






”怒ってる自分” を客観的に見ることができたら

一歩成長!





「あ、私 今すっごい怒ってる」と言えたら

2歩成長!!







今日もあなたが幸せでありますように

世界が平和でありますように








<関連記事>

徳を積む生き方