心地よい人間関係の基本

おはようございます。

ヨガとマシンピラティス、占星術の沖縄YOGA WINGのともこです。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。




今日のヨガスートラ からの一節。





引用:ヨガスートラ 第1章−5



利己的な思い=エゴ

無私の思い=自分の純粋な思い(期待を顧みない)








精神的に自立した今

私が他人からされると最も嫌なことは、

「コントロールされること」「支配されること」







私の感情は私が決めたいし

私が行きたい場所も学びたい場所も学びたいタイミングも

誰から学ぶかも何を選択するかも誰と一緒にいるかも自分で決めたい。







誰かに依存している間は、相手との関係性の中に少なからず

「支配」と「依存」の関係性が出来上がります。






「あなたのためを思って〇〇〇〇した」と言われるよりも

「自分が〇〇したかったからした」と言われる方が嬉しい。






「電話してほしいと思ってるだろうから電話したよ」って言われるより

「声聞きたかったから電話したよ」って言われる方が嬉しいよね。







相手のためを思ってやったことでも

それが今、相手が欲しいものでなければ、

エゴの押し付けになってしまうことがある。





自分が相手のために純粋にやりたいことをやるなら(期待を顧みずに)

もし相手がそれを喜んでくれなくても、受け取ってくれなくても

感情が大きく乱されない。






心地よい人間関係の基本は Iメッセージ(アイメッセージ)

「私が〇〇したかったから」

「私が〇〇したいから」


「私がこう思うから」








今日もあなたが幸せでありますように

世界が平和でありますように