幸せになるために大切なこと♡




おはようございます。

ヨガとマシンピラティス、占星術の沖縄YOGA WINGのともこです。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。








初めて沖縄に来たころ、

世の中にこんなに優しい人がいたのかと思い、感動したものです。





沖縄に来て2年以上経った今も、そう思うことが多いですが、

それと同時に

「自分の意見を持ってはいけない」「自分の意見を言ってはいけない」

と思い、苦しんでいる人の多さにも気づくようになりました。








そこには、過去の様々な時代背景があるようです。






その苦しみを感じると、

私も共に苦しくなってしまうことがあります。





沖縄の方々には

「自分の意見を言わない」「言ってはいけない」

というのがDNA的に刻み込まれているのではないか、

という気さえすることがあります。





「支配されること」に慣れているのかもしれません。





自由を奪われ続けて来たから、

既に自由な時代が来ていても、自由に生きることを、

なかなか自分に許すことができないのではないかと感じます。








沖縄では、調和を保つ精神がとっても強いですよね。

離島になるとさらにその傾向は強くなります。




日本は、世界から見ると島国で、

「和を大切にする国」だと捉えられます。






関西で生まれ育った私でも

海外に行けば、自分を表現しない、

調和を大事にする人の部類に入ります。






海外は個人主義で、

自分の意見をはっきりと持ちます。



カナダに留学していたとき、

個人主義で自分の意見がはっきりしている方だと思っていた私でさえ

全く自分の意見が言えない自分に気づきました。





カナダでは、自分から言葉を発しない限り

周りの方から何かを言ってくれるということはありませんでした。





自分から何か行動を起こさない限り

何も起きないということを痛感したものです。





そして、いかに自分が今まで甘えていたか

自分で自分の1つ1つの決断に責任を持てていなかったかということに

大きく気づかされることになりました。











ヨガスートラ には、

ヤマ(禁戒)=やらないほうがいいことの1つに

「アヒムサ」という言葉があります。





アヒムサとは、「非暴力」という意味。

苦痛を引き起こさないこと。

自分に対して暴力的にならないこと






周囲と調和する前に、まず自分と調和する。

自分を押し殺して周りに合わせる関係性は

いつしか破綻を生みます。




我慢は続かない。




自分と調和しながら周囲と調和できる方法があれば、

一番良いよね。





支配される時代はもう終わっていて

自分の自由に生きて良い時代。





自分を表現して良い。

嫌なものは嫌で良い。

好きなものを好きと言って良い






生きていく上で必要な忍耐はある。

だけど、我慢(抑圧)は自分にとっても周囲にとっても良い形にならないことが多い。




忍耐と抑圧は別物。

あなたの我慢は抑圧になってないでしょうか?





自分に対して愛をもって接することが

愛のある人間関係を創ることができる秘訣です♡






今日もあなたが幸せでありますように

世界が平和でありますように






<参考記事>

忍耐と抑圧の違い




ジニャーナヨガ(ヨガ哲学)オンラインセミナーを開催します。
スマホかパソコンがあればどこにいても受講が可能です!

テーマ
(1)心と体と魂

内容 
・魂について
・心と魂
・運命と宿命
・心を死滅させると魂の存在に気付く
・魂を感じた体験

日時
2019年5月2日(木)10:30〜12:30

受講料
YOGA WING 会員 1620円
一般 2160円(初回はテキスト郵送費360円が別途必要です)

お申し込み
070-6927-7833
info@yoga-wing.net