感情にフタをしないこと。

こんにちは。

ヨガとマシンピラティス、占星術の沖縄YOGA WINGのトモコです。




今日はジニャーナヨガのクラスを開催しました。

5名の方がご参加くださいました。




感情が体に与える影響をお話させていただきました。




もう、感情にフタをするのが日常になっていて

それがどんなに良くないかということにも気づかないまま

毎日をやり過ごしている



こういった方も少なくないものです。








なぜ感情にフタをすることがいけないのか。



感情に蓋をする癖がついてしまうと

いつしか「感じること」ができなくなってしまいます。




感情が麻痺してしまうのです。




人は、強烈な辛い体験や悲しい体験をすると、

心のシャッターが降り、感情を感じなくなるようになっています。






これは、自分の心を守るための防御的システムのようなもので、

悲しみや苦しみ全てを感じてしまうと心が壊れてしまい、

生きていけないため、無意識に「感じないように」するのです。






・・・・・

それが続くと、どうなると思いますか?















それが続くと、

悲しみだけでなく、幸せや喜びなどポジティブな感情までも

感じることができなくなってしまうのです。






感情は私たちが幸せな人生を歩むための

大切な導き手です。





感情があるからこそ

自分が好きなことや嫌いなことがわかるのです。





感情がなければ、

自分が何が好きで、何に向いているかも選ぶことができないのです。






感情を抑え込むこと、起きた感情をスルーすること

なかったことにすることは

自分の幸せにはつながりません。




感情に良い悪いはありません。

起きた感情はありのまま受け入れる。

そこにあることを認識し認めること。






そして

起きた感情から、自分の中にどんな価値観や思い込みがあるのかを俯瞰し

必要のない思い込みや価値観を積極的に手放して行く努力をすることで

幸せに近づいていくことができます。




怒りやイライラ、悲しみを抑圧する努力は

あなたの幸せにはつながりません。






どうか、みなさんが自分の感情を大切にして過ごすことができますように。





今日もあなたが幸せでありますように

世界が平和でありますように









5月からヨガ哲学(ジニャーナヨガ)のクラス名が変更になります!

内容はそのまま引き継ぎます。

今後は「ジニャーナヨガ」→「ボデイトーク」のクラスとなります。





体を通してご自身と向き合いながら、

魂の道を健康に美しく幸せに♡

生きる方法をシリーズでお伝えしていきます。

ヨガ哲学の話や心理学、ボディヒーリングの内容を交えながらお伝えします。






次回のボディトークは

第3回 5月19日(日)12:30〜14:30

テーマは「思考と感情について」




あなたの感情は、持っている思い込み、価値観によって決まります。

どんな価値観を持っているのかを探り、それを解放する方法をお伝えしますね。

是非お越しください。