女性性とアシュタンガヨガ

こんにちは。
tomocoです。

 

YOGAが好きな方♡

 

YOGAの種類はたくさんありますが、
どんなYOGAを選択して、やっていらっしゃいますか?

 

 

先日久しぶりに会った、ヨガのインストラクター友達が、

『アシュタンガヨガを始めてん』

と突然に言いました。

 

もともと、女性的な彼女。

これまで、その雰囲気通り、やさしいヨガを受け持つことが多かった。

 

ほんわか優しいエネルギーで、
お母さんのようにいつも優しく私を見守ってくれるような人。

 

その彼女と、アシュタンガという言葉の響きのギャップに驚いたものの

話をしていくうちに、

 『なんか、いい感じ』

な彼女がそこにいました。

 

o0720040513107158785

物事にはすべて 

表ー裏

メリットーデメリット

陰ー陽

プラスーマイナス

光ー影

が存在するもの。

 

女性であっても、一人の人間の中に女性性と男性性が存在し

男性であっても、男性性と女性性が存在します。

 

女性性と言えば、優しさ、母性、料理、弱さなどが挙げられます。

 女性は【陰】

 

男性性と言えば、競争心、強さ、力、突き進むパワーなどが挙げられます。

 男性は【陽】 

と言えます。

 

仕事をする時は男性的なエネルギーを使います。

 

競争社会では、無意識に男性エネルギーが強く必要とされているように思われがちです。

 

人は無意識に 得意なことや、自分の中にあるもの、好きなもの、都合のいいものだけに
フォーカスして生きています。

 

それが悪いわけではありません。

 

ただ、偏ってしまうことによる弊害が出てくることはあります。

 

たとえば、女性性が強い女性が、押しに弱く、
他人からの申し出を断れなかったり

 

男性性の強い女性が、仕事を頑張り過ぎてしまい、
パンクしてしまう・・・

 

自律神経失調症や鬱病はこういったバランスの欠如からも起こってきます。

 

そうなったときには、自分の中の女性性と男性性のバランスを一度見直してみるといいのです。

 

 

自分の中の男性性、女性性  どちらも認めてあげて、それをうまく社会の中で表現していくこと

そのために、自分自身でヨガの種類を選択していくこと。

 

 

男性性の強い女性は、頑張ることがとても大好き。

そんな人にとって、アシュタンガはうってつけなんですね。

 

でも、頑張れば頑張るほど、自分の中の女性性が悲鳴を上げていく。

 

自分が今、どのくらい男性性を発揮して生きてるか 

女性性はどのくらい表現できているかを

客観的に観察して 自分に必要なヨガを選んであげたいですね。

 

女性性が不足している方は 

陰ヨガ!! 

おススメです(*^_^*)

 

あ、私もやね!!(笑)

 

来月は、田舎にてヨガイベント開催したいと思っています☆

 

是非女性のみなさん

 

素敵な女性性開花させて、周りの人も、自分も

ほんわかあったかいエネルギーでつつみこんであげられるような私になっていこうね♡

 

tomoco

 

 

 ♡ ルミエールのレッスン情報 ♡

* 10月25日(土) 15:50~
ピラティスグループレッスン (RISA)  残席1名様

今月は、FLEX BANDを用いたピラティスです

* 11月1日(土) 14:45~
ピラティスグループレッスン (RISA)  残席4名様

 

 ♡ 開催予定のワークショップ ♡ 

☆11月2日(日)14:30~16:30
輝くインナービューティ♡ アトピーの私を知ろう

☆11月9・23日(日)13:00~15:00
エナジーピラティス☆自律神経美人☆セミナー
(増枠しました!残席1名様です☆)

 

皆様のお越しを心からお待ちしております(*^_^*)