心を穏やかにする方法。

 

 


こんにちは!

沖縄・那覇のヨガとピラティス、占星術のスタジオ

YOGA WINGのtomocoです。

 

 

 

今日は心を穏やかにする方法を

お伝えしていきます。

 

 

ヨガのレッスンの中で、

よくおこなうチンムドラー。

 

 

 

 

ヨガのレッスンの一番初めには、

スカアーサナ(安楽座)と言って

あぐらをかいた姿勢で座り

親指と人差し指で円を作る印を結びます。

 

 

「ムドラー」にはインドの古語 サンスクリット語で

「印」「仕草」といった意味があります。

 

 

 

手を使うジェスチャーは、

脳とのつながりが深いと言われています。

 

 

仏像様の手もチンムドラーです。

 

 

 

 

「チン」には

「最高の意識」「内側に意識を向ける」

という意味があります。

 

 

親指には ブラフマン(最高原理)

人差し指には アートマン(自我・真我)

中指は サットヴァ (調和・純質)

薬指は ラジャス (活動的)

小指は タマス(動きがない)

 

という意味があります。

 

 

実際に自分自身でこの印を結んでも

その意識にはなれますし

その印を見た人にもその効果があるそうです。

 

 

仏像のある場所に行くと

不思議と心静かになるのは

自然と自分自身に意識が向かうからなのかもしれませんね。

 

 

 

ちなみに、円が上向きでも下向きでも

意味は同じだそうです。

 

 

 

 

 


ヨガは自分の内側に意識を向ける時間。

 

 

ヨガのレッスンの最初にこの印を結ぶのは

「さぁ!今から自分の内側に意識を向けるよ〜!」

という合図のようなもの。

 

 

 

ヨガは自分とつながる時間。

 

 

毎日が目まぐるしく過ぎていって

とても忙しいけれど

 

 

ヨガの時間だけは

心おだやかに自分を取り戻す

そんな時間になったらいいなあと思います。

 

 

心が疲れた時には、

チンムドラをして目を閉じるだけでも

心が休まります。

 

 

ぜひ!

 

 

tomoco

 

 

天秤座満月に月礼拝と瞑想会をおこないます!

 

 

 

 

 

 

<関連記事>

体を緩めることは自分を許すこと

必要なものはすべて与えられる

肉体を研ぎ澄ませて感性を取り戻す

 

 

お問い合わせフォーム
お問い合わせ件名
(必須)
お名前
(必須)
メールアドレス
(必須)
メールアドレス確認用
(必須)
電話番号
(必須)
お問い合わせ内容