あなたの不安と苦しみの和らげ方♡

こんにちは、ともこです。

コロナウイルスによって、どこも厳しい状態が続いていますね。

不安や恐れでいっぱいになっていますというメールが連日届きます。

オンライン瞑想会をやろうかなと検討しております。

時代の境目はこういったパニックが起こるものです。

カラダの力を抜いて、今目の前にあるものを握りしめずに

そっと手のひらを開いてみてください。

開いた手のひらから、自然とこぼれ落ちていくものは

もうこれから先のあなたにとって必要ではないものです。

今私たちにできることは、過去に執着するのをやめて

新しい時代が来ることをただただ受け入れること。

死ぬときに一番苦しむのは、

肉体が死に向かっているのに、

栄養剤を入れて ”生かそうとする”ことだそう。

生きとし生けるもの、

すべての物が死を迎えるのは自然なことです。


抵抗するのではなく、ただ死を受け入れることで

苦しみは和らぎます。

パートナーや彼氏から「別れよう」と言われた時も同じ。

「今まで本当にありがとうね」と言って執着を断ち切って

別れる方が、そこから先の人生が輝くのです。

そして、もしあなたが復縁を願っているなら、

その方法が最も復縁率が高いのです。

お金も同じ。

このコロナショックを機に、出た「損」を抵抗せずに

送り出すのです。

そうすることで、これから先、

そのお金があなたの元にまた違った形で返って来るのです。

ここで耐えきれない会社、企業はどんどん倒産するでしょう。

それは、新しい時代への必然。

もし自分の身にそういったことが起きたら

抵抗せずに受け入れ、

エゴは捨て

今まで関わってくれた方々に感謝をして

さようならを言いましょう。

大丈夫。

今目の前にあるものを全部失ったとしても

私たちは生きていける。

日本って、本当に裕福です。

世界の30億人が満足に手を洗えない環境で暮らしているのです。

私たちが苦しむときは、流れに抵抗しようとしているときと

視野が低くなっているとき。

視野を高く持って、

体を緩めておきましょうね。

私自身のお話を少しさせていただくと

私は沖縄に来る前、5年半続けた大阪のスタジオを

クローズすることに決めました。

ありがたいことに、いつも多くのお客様でいっぱいで

キャンセル待ちが出るほどだったスタジオだったので

クローズすることに驚かれたものですが、

3年経って振り返ってみると、クローズして良かったという想いが100%です。

大阪のスタジオをクローズしたからこそ

私は沖縄で「ここでやっていくしかない」

という気持ちが自然と生まれました。

住み慣れた場所、守ってくれる人がいる大阪に逃げ道があったら

きっと今の現実はなかったと思います。

物事が終わる時というのは、

突然であっても、長い時間をかけてでも

「自然な流れ」です。

私が大阪のスタジオをクローズするときは

クローズする方が自然で、残す方が違和感でした。

もちろん、大阪スタジオがなくなってしまうと

収入が途絶えてしまいます。

移転に思いの外お金がかかってしまい、

当時、手元に全くお金がなかった現実を考えると

絶対的に残した方が良かったのです。

それでも私のハートには、「ここはもうクローズ」

という選択肢しかありませんでした。

その後、沖縄に来て3年で

大阪時代の年収は2倍に、働く量は4分の1ほどになりました。

お金に愛されるコツは、この「自然な流れを止めないこと」。

ハートにかけること。

「物事は長く続ける方が良い」という価値観を捨てて

自分のハートに聞いてみる。

新しい道に進むとき、

不安や恐れはあって当たり前です。

収入が途絶える不安は誰にでもありますよね。

もちろん私にもありました。

(今はもうそういったお金の不安や恐れは卒業しました)

そういった不安や恐れを乗り越えた時に

必ず良い結果が待っています!

この苦しい情勢の中、不安も恐れも乗り越えて

新しい世界へ勇気を持って進みましょう。

今日もあなたの心が穏やかでありますように。

世界が平和でありますように。